BLOG ブログ

間違っていないか?管理職の仕事とは何かを‼

コロナ禍になって幾年の月日が経ち、その間、人とお会いすることが対面からオンラインに変り、色々なジャンルで活躍されている方とお会いする機会が増えました。

そういった機会を頂いた中、一通りの会話をするのですが、最後は相手方から「役職者として、今以上に頑張り、会社を大きくしていきたい」という話をされるのです。

役職者として頑張るのは非常に良いことなのですが、役職の意味を知っているかと言うとそうではなさそうなのです。

➢管理職という役目は業務を回すための役職ではない

私はその方に「役職(管理職)の仕事って何でしょうか」とお尋ねするのですが、この質問をすると中々返事がきません。仮に返事が来たとしても、業務の進捗管理をすることとか、部下の教育やモチベーションを維持させることとか、様々な答えが返ってきます。挙句の果てには、[業務に穴が開かないように監視することです」と答えがかえってくるのです。それはそれで間違いではありません。

しかし残念ながら、業務の進捗管理をすることとか、部下の教育やモチベーションを維持させることとか、業務に穴が開かないように監視というのは、役職(管理職)の業務であって、役職(管理職)の仕事ではありません。

➢管理職の仕事とは

「社員と役職(管理職)は求められるものが違う」ということは誰だって知っていても、具体的にはどういったことが求められるのか知らないという人も中にはいるでしょう。また、役職(管理職)という役目についたから、役職(管理職)の役目についての説明をきかされていないということもあるでしょう。

実際に現在役職(管理職)である人のなかにも、今の自分のあり方が果たして正解なのか迷っている人もいるかもしれません。 では管理職の仕事というのは何でしょうか?

管理職の仕事というのは「経営的な思考や思想をもちながら、部下の育成を行う事」が管理職の仕事であり、「広義的に継続的、結果を出せる組織に導く」これが業務なのです。

➢経営的な思考や思想をもちながら、部下の育成を行う事とは 経営的な思考や思想を持ちながらと言うのは、多くのサラリーマンはやって見たいことをやるために、既に出来上がった会社に入社して業務をこなします。

しかし経営者というのは、やって見たいと言う事ではなく、それをやることによって、或いはそれを成し遂げるために・・・・・・・その先にあるものが達成される(叶う)という強い思いで事業を立ち上げるのです。

事業を立ち上げて継続させることは、当然、会社の創業から今日に至るまでの数々の苦労であったり厳しさであったり、その経験や体験などを積みながら、経営者は、人間的思考や思想及び経営的センスを学びますが、管理職はそういったことがなく、感覚的なものでしか人に対して教えることができないのです、だから経営的思考や思想を持たなければならないのです。

また、部下の育成というのは、組織にはいろんな考え方や価値観を持った人がいます。しかしその前に「会社が存在する意義」と言うのは何か。すなわち経営者がどういった思いや理念なのかを伝え続けなければ、目的のために何をやってもいいという事ではありません。

経営者が意味する理念を理解することで、どういった人を育成すべきなのかを理解して人(部下)を育てなくてはいけないのです。

管理職とは、経営的思考や思想を学び、部下に対して経営者の理念を伝え続ける役目であり、経営理念を理解することで、どういった人間に育てていくことなのかを理解して育成することが大事なのです。

このようなことを教えないから、管理職という言葉に対して、どういった仕事なのかと聞くと、業務を回せる人とか、仕事が出来る人と答えてしまうのです。

➢管理職の業務とはどういったものなのか

管理職の業務の中には、業務を回すことも出来る人は勿論のこと、もう一つは役割があるということです。

その役割というのは。

〇全体を見据えながら管理ができること                                                     普通の一般社員には、与えられた目の前にある日常業務を確実にこなすことが大事です。しかし、管理職は部下達が行うそれぞれの日常業務の進捗状況を把握して部署の進捗管理をしつつ、会社全体を見渡さなければなりません。

〇部下の教育やマネジメント                                        部署をまとめて業績を上げるためには、管理能力が大切になってきます。しかし、残念ながらスムーズに業務を遂行しつつ、円滑に組織運営をするためには、部下が成長してくれないといけないのです。

そのため管理職は部下一人一人がどういった業務を行って、能力を発揮しているのか、能力の向上をしているのかどうかなどを把握しておく必要があるのです。そのために、管理職は権限と責任というのがついて回るのです。

如何だったでしょうか? 皆さんの会社では、管理職になっている方が、管理職という意味を理解して役職に就けているのでしょうか?今回はテクニカル的なものや、スキル的な話などではありませんが、人が定着しない、人がすぐ辞めるという理由には、人間関係・・・・特に上司と部下と言ったことで退社する方が多いのです。どこの会社でも人手不足が続き業績が悪くなるという会社もあります。今一度、役職について及び、仕事のあり方について話し合ってみる必要があるのではないでしょうか。

CONTACT
お問い合わせ

株式会社マネジメントオフィス・Kについての
ご意見やご質問は
お気軽に以下のフォームより
お問い合わせください。