延べ3,000社以上が実践。
たった3つのステップで会社を成長させた。
川原メソッドとは?

延べ3,000社以上が実践。 たった3つのステップで会社を成長させた。 川原メソッドとは?

延べ3,000社以上が実践。 たった3つのステップで会社を成長させた。 川原メソッドとは?

会社を成長させたいが、業績があがらない、コストを下げたい、人が定着しないとお悩みの経営者の方、どのようにして経営課題を克服し会社を成長させるのかを知りたくないですか?

会社を成長させたいが、業績があがらない、コストを下げたい、人が定着しないとお悩みの経営者の方、どのようにして経営課題を克服し会社を成長させるのかを知りたくないですか?

会社を成長させたいが、業績があがらない、コストを下げたい、人が定着しないとお悩みの経営者の方、どのようにして経営課題を克服し会社を成長させるのかを知りたくないですか?
Change

成長する会社は、時代に合わせてやり方を変える。

成長する会社は、時代に合わせてやり方を変える。

成長する会社は、時代に合わせてやり方を変える。

これからの時代、会社を成長したくても成長できない環境になってきました。

その一つに人が働く価値観が変わったのです。

今までは生活をするために仕事中心だったのが、これからは生活を楽しむために仕事を選ぶ時代になったのです。それと立て続けに銀行法が改正され、融資の仕方が180度変わったのです。

今後は融資を受けれる会社とそうでない会社に分かれていきます。そういった中でも正しい経営をすれば会社を成長させるチャンスであることは間違いありません。

私は延べ3,000社以上の会社にかかわり、経営課題を改善し会社を成長させてきました。経営者は会社を成長させるために、経営目標を掲げ計画は立てるけれど残念ながら、その後は続かないのです。

売上を上げるために売上の対策をし、社員のモチベーションをあげるために評価制度を構築し、人が育たない、会社に定着しないから社員教育をする。

多少の変化があったにせよ、あなたが期待するほど、満足しないのではないでしょうか?

なぜ、満足しないほど、変わり映えがしないのでしょうか。結論からいいますと「やり方の手順」が違うのです。

これからの時代、会社を成長したくても成長できない環境になってきました。

その一つに人が働く価値観が変わったのです。

今までは生活をするために仕事中心だったのが、これからは生活を楽しむために仕事を選ぶ時代になったのです。それと立て続けに銀行法が改正され、融資の仕方が180度変わったのです。

今後は融資を受けれる会社とそうでない会社に分かれていきます。そういった中でも正しい経営をすれば会社を成長させるチャンスであることは間違いありません。

私は延べ3,000社以上の会社にかかわり、経営課題を改善し会社を成長させてきました。経営者は会社を成長させるために、経営目標を掲げ計画は立てるけれど残念ながら、その後は続かないのです。

売上を上げるために売上の対策をし、社員のモチベーションをあげるために評価制度を構築し、人が育たない、会社に定着しないから社員教育をする。

多少の変化があったにせよ、あなたが期待するほど、満足しないのではないでしょうか?

なぜ、満足しないほど、変わり映えがしないのでしょうか。結論からいいますと「やり方の手順」が違うのです。

Consulting

過去の、経営コンサル

過去の、経営コンサル

過去の、経営コンサル

数々の経営セミナー実績がございます。
数々の経営セミナー実績がございます。
過去の、経営コンサル
過去の、経営コンサル
過去の、経営コンサル
過去の、経営コンサル
Requirements

経営者が気づかない、会社が成長するための鍵。それはたった一つのこと。

経営者が気づかない、会社が成長するための鍵。それはたった一つのこと。

経営者が気づかない、会社が成長するための鍵。それはたった一つのこと。

売上規模別分類表
相談される内容

このグラフは、今まで相談されに来られた会社150社の売上規模を分類したものと、相談された内容をグラフにしたものです。

売上規模別にみて見ると、

  • 50億以上の会社のお悩みは、評価制度の構築や経営理念の浸透
  • 50億未満の会社のお悩みは、後継者の育成や管理者のリーダーシップ
  • 30億未満の会社のお悩みは、業績改善と評価制度構築
  • 20億未満の会社のお悩みは、業績改善と人の教育
  • 10億未満の会社のお悩みは、業績改善

これらの規模別とそのお悩み、経営者は個別にでてきた経営課題に対して計画をたてるのですが、残念ながら改善されないのです。

規模別による会社が悩んでいる内容を見て下さい。何に悩んでいますか?
規模が大きくなればなるほど、評価制度の構築や経営理念が浸透しないと言う悩みなのです。
しかしどうでしょうか?
このお悩みは今始まった悩みではないのです。

見てください下のグラフ、私どもは改善依頼の会社に入ると、一番最初に行う作業として、社員達に、なぜ会社の目標や経営課題の改善ができないのかを本音で聞くために、社員面談やアンケートを取らせていただきます。いわゆる会社の実態調査です。
一つの業種に10社程度平均したものをグラフにし、業種ごとに分けて見ました。
またアンケートの結果を適当に抜粋したのではありません。業種に関係なく必ず共通して「社員が思っている事」を抜き出したものです。
この社員が思っていることを取り除かなければ、何をやっても改善が進まないのです。

このグラフは、今まで相談されに来られた会社150社の売上規模を分類したものと、相談された内容をグラフにしたものです。

売上規模別にみて見ると、

  • 50億以上の会社のお悩みは、評価制度の構築や経営理念の浸透
  • 50億未満の会社のお悩みは、後継者の育成や管理者のリーダーシップ
  • 30億未満の会社のお悩みは、業績改善と評価制度構築
  • 20億未満の会社のお悩みは、業績改善と人の教育
  • 10億未満の会社のお悩みは、業績改善

これらの規模別とそのお悩み、経営者は個別にでてきた経営課題に対して計画をたてるのですが、残念ながら改善されないのです。

規模別による会社が悩んでいる内容を見て下さい。何に悩んでいますか?
規模が大きくなればなるほど、評価制度の構築や経営理念が浸透しないと言う悩みなのです。
しかしどうでしょうか?
このお悩みは今始まった悩みではないのです。

見てください下のグラフ、私どもは改善依頼の会社に入ると、一番最初に行う作業として、社員達に、なぜ会社の目標や経営課題の改善ができないのかを本音で聞くために、社員面談やアンケートを取らせていただきます。いわゆる会社の実態調査です。
一つの業種に10社程度平均したものをグラフにし、業種ごとに分けて見ました。
またアンケートの結果を適当に抜粋したのではありません。業種に関係なく必ず共通して「社員が思っている事」を抜き出したものです。
この社員が思っていることを取り除かなければ、何をやっても改善が進まないのです。

悩み
Problem

改善できない弊害とは何か?

改善できない弊害とは何か?

改善できない弊害とは何か?

管理者のリーダーシップ

会社を成長させるためにはPDCAサイクルを回すことです。

しかしPDCAサイクルを回すためには、会社全体に共通目標、意思疎通(コミュニケーション)、意欲動機付けが整っていることが条件で、一つでも欠けていたらPDCAサイクルが回らないのです。

ではPDCAサイクルを回すのは誰が回さなくてはいけないのでしょうか。

PDCAサイクルを回すのは、管理者がリーダーシップをとって回さなければいけないのです。

しかし、残念ながらリーダーシップを取らなければいけない管理者の役割が機能していないのです。

会社を成長させるためにはPDCAサイクルを回すことです。

しかしPDCAサイクルを回すためには、会社全体に共通目標、意思疎通(コミュニケーション)、意欲動機付けが整っていることが条件で、一つでも欠けていたらPDCAサイクルが回らないのです。

ではPDCAサイクルを回すのは誰が回さなくてはいけないのでしょうか。

PDCAサイクルを回すのは、管理者がリーダーシップをとって回さなければいけないのです。

しかし、残念ながらリーダーシップを取らなければいけない管理者の役割が機能していないのです。

Ask

あなたに、訊きます。

あなたに、訊きます。

あなたに、訊きます。

経営のピラミッド

あなたは管理者になった人に、管理者の役割について説明されているのでしょうか?

管理職の意味は、仕事で成果を出すために仕事をより上手く進めるという「役割」と、成果を出すために、人を動かして進める「役割」を担っているのです、そこに責任と権限があるのです。

この役割を理解していない人の中には、管理者は偉い人と思い込んだり、社員の延長線上にたっている人だっているのです。

その結果、社員を事業運営に巻き込めていないことで生産性が上がらず、経営者と社員との間に開きができるのです。

あなたは管理者になった人に、管理者の役割について説明されているのでしょうか?

管理職の意味は、仕事で成果を出すために仕事をより上手く進めるという「役割」と、成果を出すために、人を動かして進める「役割」を担っているのです、そこに責任と権限があるのです。

この役割を理解していない人の中には、管理者は偉い人と思い込んだり、社員の延長線上にたっている人だっているのです。

その結果、社員を事業運営に巻き込めていないことで生産性が上がらず、経営者と社員との間に開きができるのです。

あなたから見る会社の現状は、会議での報告、試算表、決算書、ご自身が目や耳から入ってくる情報だけなのです。

管理者が社員を巻き込めない現状が何年も続くと、いつしか経営者には分からない暗黙の社風が出来上がり、いくら経営者が鼓舞しても響かないという組織になってしまうのです。

この状況に気付かない限り会社は成長しないのです。

如何でしょうか?そう思いませんか?

あなたから見る会社の現状は、会議での報告、試算表、決算書、ご自身が目や耳から入ってくる情報だけなのです。

管理者が社員を巻き込めない現状が何年も続くと、いつしか経営者には分からない暗黙の社風が出来上がり、いくら経営者が鼓舞しても響かないという組織になってしまうのです。

この状況に気付かない限り会社は成長しないのです。

如何でしょうか?そう思いませんか?

3 Steps

会社は3つステップで成長する。

会社は3つステップで成長する。

会社は3つステップで成長する。

経営者は出てきた経営課題に対して個別で対策をすることは間違いであり、手順がちがうと冒頭で言いました。

木に例えて話をしますと、木になっている実を利益がなる実としましょう。この実が大きくなるためには、水はどこにかけますか、普通は根もとにかけますよね。しかし経営者は根もとではなく枝のほうに水をかけているのです。これでは木は成長しません。

会社も一緒です。管理者を育成し責任と権限を持たせ部署を任せることで、経営者は掲げた目標に向って前に進むことができるのです。たとえ知識や技術力のある管理者であっても肝心な人間力がなければ、いくら優秀であっても管理者にしたらいけないのです。また管理者には業績の責任、業務改善の責任、部下育成の責任、報告の責任、計画実行の責任があることを理解させ、社員を巻き込んでPDCAサイクルを回さなければいけないのです。この手順でなければ会社は成長しないのです。

しかし、管理者も社員も馴れてしまった組織風土を一旦壊し、再度構築しなければいけません。

ではどのようにして構築していくのか。

一つ目のステップは管理者に、業績改善、業務改善、部下育成の3つの視点から問題を整理させ、改善スケジュールを立てさせます。
二つ目のステップは、改善スケジュールを立てたものを管理者が経営者に対してコミットさせます。
三つ目のステップは、改善内容の経過は会議を通じて報告させ、改善が終われば、次の改善へと適宜レベルアップさせます。

この三つのステップで、会社が成長する土台ができあがります。その土台の上に教育であったり、評価制度の構築などをすることによって、経営者は次の経営目標に行けるのです。

経営者は出てきた経営課題に対して個別で対策をすることは間違いであり、手順がちがうと冒頭で言いました。

木に例えて話をしますと、木になっている実を利益がなる実としましょう。この実が大きくなるためには、水はどこにかけますか、普通は根もとにかけますよね。しかし経営者は根もとではなく枝のほうに水をかけているのです。これでは木は成長しません。

会社も一緒です。管理者を育成し責任と権限を持たせ部署を任せることで、経営者は掲げた目標に向って前に進むことができるのです。たとえ知識や技術力のある管理者であっても肝心な人間力がなければ、いくら優秀であっても管理者にしたらいけないのです。また管理者には業績の責任、業務改善の責任、部下育成の責任、報告の責任、計画実行の責任があることを理解させ、社員を巻き込んでPDCAサイクルを回さなければいけないのです。この手順でなければ会社は成長しないのです。 

しかし、管理者も社員も馴れてしまった組織風土を一旦壊し、再度構築しなければいけません。

ではどのようにして構築していくのか。

一つ目のステップは管理者に、業績改善、業務改善、部下育成の3つの視点から問題を整理させ、改善スケジュールを立てさせます。
二つ目のステップは、改善スケジュールを立てたものを管理者が経営者に対してコミットさせます。
三つ目のステップは、改善内容の経過は会議を通じて報告させ、改善が終われば、次の改善へと適宜レベルアップさせます。

この三つのステップで、会社が成長する土台ができあがります。その土台の上に教育であったり、評価制度の構築などをすることによって、経営者は次の経営目標に行けるのです。

1.問題整理

改善スケジュールを立てる

2.実行

管理者が経営者にコミットさせる

3.改善

次の改善へレベルアップする

Management

経営者用、次世代リーダー用、管理者用 それぞれのための運営ノウハウ

経営者用、次世代リーダー用、管理者用 それぞれのための運営ノウハウ

経営者用、次世代リーダー用、管理者用 それぞれのための運営ノウハウ

私どもはご縁があった会社を成功に導くことをモットーに、私が指導して改善してきたやり方や考え方など、経営者用、次世代リーダー用、管理者用に、1本10分~15分合計36本の内容を詰め込んだ、再現性が高い動画を通じて教えます。

また組織に馴れてしまった管理者は、瞬間的な教育を施してもまたもとに戻ります。

今回ドリーム実現アカデミー廣瀬進二理事長監修のもとに作成された脳科学の観点から、意識を変えるための動画36本合計72本の動画あなたにお届けします。

私どもはご縁があった会社を成功に導くことをモットーに、私が指導して改善してきたやり方や考え方など、経営者用、次世代リーダー用、管理者用に、1本10分~15分合計36本の内容を詰め込んだ、再現性が高い動画を通じて教えます。

また組織に馴れてしまった管理者は、瞬間的な教育を施してもまたもとに戻ります。

今回ドリーム実現アカデミー廣瀬進二理事長監修のもとに作成された脳科学の観点から、意識を変えるための動画36本合計72本の動画あなたにお届けします。

川原ビジネス大学動画教材
01

実践経営動画教材

実践経営動画教材

川原ビジネス大学動画教材

この動画は代表である川原が延べ3,000社以上の会社にかかわり、経営者、次世代リーダー、幹部社員に対して具体的に経営改善が出来る考え方と改善手順などが詰まった動画です。

    • 業績が上がらない理由
    • 幹部社員のリーダーシップが発揮されない理由
    • 人が成長しない、人が定着しない理由

会社によって悩みは違いますが、共通していることは悩みの根本は一緒なのです。

それと会社が成長するには必ず原理原則があるのです。

この原理原則を知っているか知らないかによって会社の成長スピードが違ってきます。

誰も教えてくれない、誰も分からない、分かっていてもやり方が分からない方、全ての解決策はこの動画の中に答えがあります。

(動画は業務に支障きたさないように、一講座10分~15分以内にまとめて学びやすくなっております)

この動画は代表である川原が延べ3,000社以上の会社にかかわり、経営者、次世代リーダー、幹部社員に対して具体的に経営改善が出来る考え方と改善手順などが詰まった動画です。

    • 業績が上がらない理由
    • 幹部社員のリーダーシップが発揮されない理由
    • 人が成長しない、人が定着しない理由

会社によって悩みは違いますが、共通していることは悩みの根本は一緒なのです。

それと会社が成長するには必ず原理原則があるのです。

この原理原則を知っているか知らないかによって会社の成長スピードが違ってきます。

誰も教えてくれない、誰も分からない、分かっていてもやり方が分からない方、全ての解決策はこの動画の中に答えがあります。

(動画は業務に支障きたさないように、一講座10分~15分以内にまとめて学びやすくなっております)

Practice

実践経営編

実践経営編

実践経営編

経営者講座内容 × 次世代リーダー講座内容 × 管理職講座内容
経営者講座内容 × 次世代リーダー講座内容 × 管理職講座内容
動画再生
教材

経営者講座内容

経営者の悩みはズバリ人の悩みです。人の悩みから派生することは、業績であったり、後継者の問題であったり、社員が育たないこと、そして資金繰りなどにも及びます。動画の中ではそういったことも踏まえて考え方や、やるべきことを具体的に説明しています。

経営者の悩みはズバリ人の悩みです。人の悩みから派生することは、業績であったり、後継者の問題であったり、社員が育たないこと、そして資金繰りなどにも及びます。動画の中ではそういったことも踏まえて考え方や、やるべきことを具体的に説明しています。

次世代リーダー講座内容

次世代リーダーに求められているのは、数字から読み取る力と人間力です。数字は会社の成長の結果であり、人間力は組織においてのバロメーターです。いくら優秀でも人間力がなければ、それなりの会社になってしまいます。この講座では経営という考え方と実践行動を身につけさせます。

次世代リーダーに求められているのは、数字から読み取る力と人間力です。数字は会社の成長の結果であり、人間力は組織においてのバロメーターです。いくら優秀でも人間力がなければ、それなりの会社になってしまいます。この講座では経営という考え方と実践行動を身につけさせます。

管理職講座内容

管理者に必要な能力は人間力のあるリーダーシップです。リーダーシップはどのようにとるのか、部下をどのようにして育てるのかなど、管理者の5つの責任(業績責任、業務改善責任、部下育成責任、報告責任、計画実行責任)を柱に、管理者としての役割や考え方などを身につけさせます。

管理者に必要な能力は人間力のあるリーダーシップです。リーダーシップはどのようにとるのか、部下をどのようにして育てるのかなど、管理者の5つの責任(業績責任、業務改善責任、部下育成責任、報告責任、計画実行責任)を柱に、管理者としての役割や考え方などを身につけさせます。

実践経営編カリキュラム

実践経営編カリキュラム

経営者次世代リーダー管理職
会社が成長し続ける基本【前半】会社が成長する3つのステップ心学べは人はついてくる管理職の重要性
【後半】会社が成長する3つのステップ自分のイデオロギーをつくれ管理者の5つの責任
積上げてきた企業文化は時代の流れで崩壊する【前半】計数の怖さを知る【前半】数字を読む力
条件が整うから決断ができるのではなく、決断するから条件が整うである【後半】計数の怖さを知る【後半】数字を読む力
人格者より人間力を磨け中途半端な旗振りは組織が乱れる人間力を高めよあなたの立場はプレングマネージャー
過去に学ばない会社は同じ失敗を繰り返すインテグリティを目指した経営は会社は生き残る部下の成長につながる目標達成のしかた
【前半】経営者の品性が会社を左右する未来に向かって生きる部下育成の原点を知れば楽になる
【後半】経営者の品性が会社を左右する【前半】金融機関が動き出す融資の査定が変わった相手に伝える技術
社内の問題の答えは常に現場にある経営者は引き際が大事【後半】金融機関が動き出す融資の査定が変わった真の原因の導き方
後継者の教育には3つの不を与えよ【前編】会社が成長する経営改善計画の実践【前半】確実に業務改善する計画する立て方
たった一言で組織がよみがえる魔法の言葉【後編】会社が成長する経営改善計画の実践【後半】確実に業務改善する計画する立て方
社員の気持ちをしっかり見極めることが未来の成果の要【完結編】会社が成長する経営改善計画の実践改善のスピードアップの実践
Brains

脳科学による教育の実践

脳科学による教育の実践

脳科学による教育の実践

人の教育は精神論や根性論ではなくなった。 近年目覚ましい脳科学の発達によって解明された人のやる気を引き出す、感情のコントロール、そして冷静な意思決定、ここでしか学べない。
人の教育は精神論や根性論ではなくなった。 近年目覚ましい脳科学の発達によって解明された人のやる気を引き出す、感情のコントロール、そして冷静な意思決定、ここでしか学べない。

人は教育をしても、なぜ3日もたてば元に戻るのでしょうか?

経営者達は変革を求めるために、様々な教育を社員に受けさせてきました。

失敗を恐れない、諦めない、やれるまで努力しろ、など、精神論的な心構えの教育を中心に、今まで投資をしてきたのです。

教育を受けた社員は瞬間的に意識が前向きになるのですが3日もたてば元にもどるのです。

教育の繰り返しによって、数名のものが意識を変えて会社に貢献してくれれば、御の字ではなかったのではないでしょうか。

人の心や意識は、脳という器官の働きで生まれることまでは分かっていましたが、仕組みまでは分からなかったのです。

しかし近年になってそのメカニズムが分かってきたのです。

人は慣れてしまった環境の中では、脳がその環境に馴染むように作り上げてしまい、目標を持たなかったり、未来を見つめることがなければ、現状に満足する脳に形成され、変化を求める刺激を与えても、長年形成された脳には刺激を与えるだけで持続しないのです。

どうしたら環境に馴れた脳を脱することができるのでしょうか。

それは前向きになる要因的なものを刺激し続け、思考は現実化になることを脳に癖付けさせることです。

人は教育をしても、なぜ3日もたてば元に戻るのでしょうか?

経営者達は変革を求めるために、様々な教育を社員に受けさせてきました。

失敗を恐れない、諦めない、やれるまで努力しろ、など、精神論的な心構えの教育を中心に、今まで投資をしてきたのです。

教育を受けた社員は瞬間的に意識が前向きになるのですが3日もたてば元にもどるのです。

教育の繰り返しによって、数名のものが意識を変えて会社に貢献してくれれば、御の字ではなかったのではないでしょうか。

人の心や意識は、脳という器官の働きで生まれることまでは分かっていましたが、仕組みまでは分からなかったのです。

しかし近年になってそのメカニズムが分かってきたのです。

人は慣れてしまった環境の中では、脳がその環境に馴染むように作り上げてしまい、目標を持たなかったり、未来を見つめることがなければ、現状に満足する脳に形成され、変化を求める刺激を与えても、長年形成された脳には刺激を与えるだけで持続しないのです。

どうしたら環境に馴れた脳を脱することができるのでしょうか。

それは前向きになる要因的なものを刺激し続け、思考は現実化になることを脳に癖付けさせることです。

Science

脳科学編

脳科学編

脳科学編

思考を現実化させるための最短経路
思考を現実化させるための最短経路
動画再生
脳科学教材

経営者講座内容

脳科学の講座は36講座を通して思考は現実化になることを、具体的な行動に落とし込み、毎日実践させることで、思考は現実化できるんだということを教える動画です。

上手くいっている人と上手くいっていない人の違いや、成長している人と成長していない人との差は、常に成功脳と失敗脳があるだけで、人は誰でも成功脳になれることを教えます。例えばアスリートですが、彼らは始めから上手くいったのでしょうか?

彼らはあのような人になりたいと言う目標から始まり、真似ることから脳が勝手にその状況を作り始めるのです。我々人間はマイナス脳を作ることもできれば、プラス脳を作ることができるのです。

脳科学の講座は36講座を通して思考は現実化になることを、具体的な行動に落とし込み、毎日実践させることで、思考は現実化できるんだということを教える動画です。

上手くいっている人と上手くいっていない人の違いや、成長している人と成長していない人との差は、常に成功脳と失敗脳があるだけで、人は誰でも成功脳になれることを教えます。例えばアスリートですが、彼らは始めから上手くいったのでしょうか?

彼らはあのような人になりたいと言う目標から始まり、真似ることから脳が勝手にその状況を作り始めるのです。我々人間はマイナス脳を作ることもできれば、プラス脳を作ることができるのです。

脳科学編カリキュラム

脳科学編カリキュラム

脳科学実証成功脳ベーシック(基本)スタンダード(標準)アドバンス(応用)
第1講座現実と真実脳
どう活躍するか
【目的】
自己実現や社会貢献に向けて行動する
現実と真実脳実感!衝撃「真実」実験(1) 犬回転実験と色・形実験実感!衝撃「真実」実験(2) 逆さメガネ実験実感!衝撃「真実」実験(3) 盲点実験
第2講座信念脳生まれ持った天与の資質 7つの実力脳回路驚嘆のプラシーボ効果 世界激震のノーシーボ効果信念の人=松下幸之助と エイブラハム・リンカーン
第3講座人間関係脳人格形成愛の4段階の法則 第1段階『愛する愛』人格形成愛の4段階の法則 第2段階『生かす愛』人格形成愛の4段階の法則 第3段階『赦す愛』 第4段階『存在の愛』
第4講座夢実現脳 究極の夢実現3原則 (明確・一点集中・動画)反復こそが成功の鍵  (10000時間の法則)自我(プライド)からの解放 (恐れ・怒りの正体とは?)
第5講座人格脳
どのように学ぶか
【統合】
多様な体験・経験、能力、キャリアを組み合わせ、統合する
リーダー脳
(心構え編)
世界の富の半分を手にした男 ハワード・ヒューズ物語自己中心脳から他者中心脳へ (パラダイム・シフト)成功リーダーの共通点 ストレスコントロール力
第6講座リーダー脳
(実践編)
部下を成功に導く 信頼獲得3原則 部下を成功に導く 最強の組織育成構築術目標追求装置:サイコ・ サイバネティックの力
第7講座会話脳5段階コミュニケーション トラブル解決法(反論処理)人を引き上げる究極の コミュニケーション術脳神経細胞信号伝達 (あがり症からの解放)
第8講座感情脳「喜び脳」育成回路作り 「感謝脳」育成回路作り「祈り脳」育成回路作り 「祈り脳」=「積極的自己宣言」成功脳の作り方(4ステップ) 健康脳編・スポーツ脳編
第9講座忍耐脳
何を学ぶか
【学ぶ】
学び続けることを学ぶ
成功法則脳ソクラテス流やる気の 出し方・出させ方やる気脳の仕組み 大脳新皮質と大脳辺縁系の法則ワイズマン博士 4つの成功法則
第10講座目標達成脳人類の叡智・原理原則 究極の成功脳育成8段階偉大なる男達の成功秘伝 ジェシーオーエンス物語脳科学実証!真実の世界 プロ「営業脳」育成回路
第11講座資産形成脳億万長者実践!! 成功者の金銭哲学億万長者を生み出す 資産形成3原則時間=お金=労力= 浪費・消費・投資の法則
第12講座価値観脳成功する価値観脳の土台 優先順位と価値観の法則ギャンブル&恋愛脳編 脳内化学物質の対処法成功者の価値観ロジャー物語 『人生における究極の選択』
Bonus

7つの特典

7つの特典

7つの特典

今だけ7つの特典をご用意しました。

この7つの特典は、購入されたあなたの会社が成長するためにつけた特典です。

今だけ7つの特典をご用意しました。

この7つの特典は、購入されたあなたの会社が成長するためにつけた特典です。

1

個別指導(半年間の実践指導)

個別指導(半年間の実践指導)

動画を見て実践しなくては意味がありません。動画を購入されてから半年間、月1回1時間の個別指導を行います。

動画を見て実践しなくては意味がありません。動画を購入されてから半年間、月1回1時間の個別指導を行います。
個別指導(半年間の実践指導)
2

宿題の添削

宿題の添削

実践経営講座の中の一部ですが、講座の理解を深めるために宿題をしていただくものがあります。その宿題をして頂いきましたら添削して指導いたします。

実践経営講座の中の一部ですが、講座の理解を深めるために宿題をしていただくものがあります。その宿題をして頂いきましたら添削して指導いたします。
宿題の添削
3

社内アンケート調査セット

社内アンケート調査セット

経営計画や経営目標を立てても上手くいかない時は、社員の声を聞くことです。経営者には知らない暗黙のルールを知ってはじめて改善できるのです。社内がどのような問題があるのかを知るためのアンケート調査セットです。

社内アンケート調査セット
4

業績改善シュミレーションソフト

業績改善シュミレーションソフト

業績改善シュミレーションソフトは、業績改善や人員計画など、計画を立てるために作られた簡単に操作できるソフトです。会社によっては幹部社員や社員に、数字の作り方や考え方を教育させるために使用している会社もあります。

業績改善シュミレーションソフトは、業績改善や人員計画など、計画を立てるために作られた簡単に操作できるソフトです。会社によっては幹部社員や社員に、数字の作り方や考え方を教育させるために使用している会社もあります。

業績改善シュミレーションソフト
5

実践経営改善計画書(書式一式)

実践経営改善計画書(書式一式)

会社が成長する経営改善計画の実践講座において使用する計画書です。この書式は業績改善、業務改善、部下育成を同時に改善するもので、実際にマネジメントオフィス・kがクライアントで使用しているものです。今回購入者に使っていただくために用意しました。

会社が成長する経営改善計画の実践講座において使用する計画書です。この書式は業績改善、業務改善、部下育成を同時に改善するもので、実際にマネジメントオフィス・kがクライアントで使用しているものです。今回購入者に使っていただくために用意しました。
実践経営改善計画書(書式一式)
6

管理者定義書(A3/1枚)

管理者定義書(A3/1枚)

会社の多くは就業規則の中に、管理者に対する定義を明記している所もありますが、その内容は具体的なものではなく抽象的な内容です。今回特典として差し上げるものは、一般社員から管理者までを具体的にした内容をA3/1枚にしたものをお付けします。

会社の多くは就業規則の中に、管理者に対する定義を明記している所もありますが、その内容は具体的なものではなく抽象的な内容です。今回特典として差し上げるものは、一般社員から管理者までを具体的にした内容をA3/1枚にしたものをお付けします。

管理者定義書(A3/1枚)
7

脳科学90日間メール

脳科学90日間メール

人間の意識が変わるためには思考の癖付けです。一旦馴れてしまった脳は、瞬間的な刺激を与えても意味はありません。持続的な刺激を与えることで考え方が変わり行動をおこすのです。今回は特別に90日間実践のメールを送ります。

人間の意識が変わるためには思考の癖付けです。一旦馴れてしまった脳は、瞬間的な刺激を与えても意味はありません。持続的な刺激を与えることで考え方が変わり行動をおこすのです。今回は特別に90日間実践のメールを送ります。

Order

商品紹介

Kawahara

企業再生の魔術師

企業再生の魔術師

川原 一紀

経営コンサルになって早20年以上にもなり、前職では役員にまでさせて頂きましたが、もっと現場にかかわりたいと言う思いで2008年に創業しました。                            

私は数多くのお客様が抱える経営課題を改善してまいりました。社内制度の構築から社員教育、後継者問題、企業再生など多岐にわたる分野を手がけてきました。わかったことは、「意識改革せずして企業の改善はありえない」ということです。

黒字の企業には黒字になる要因があり、赤字の企業には赤字になる要因があることは普遍の事実です。企業を取り巻く環境は非常に厳しく、ましてや情報氾濫の中、物事の分別もわからない多くの人達が後継者や幹部、社員であったりします。個々が理想を追い求めることは非常に大切なことですが、人に対する思いやりや感謝という気持ちは希薄になる一方です。

生まれ育った環境は違えど、本音で語れる人間関係がなければ、永続的な企業の繁栄はありません。「人の乱れは組織の乱れ」ととらえ、私は経営改善を目指していきます。“人”という概念から外れた経営改善はありえないとかたくなに信じ、お客様が思い描く未来に向かって改善活動を行ってまいります。

経営コンサルになって早20年以上にもなり、前職では役員にまでさせて頂きましたが、もっと現場にかかわりたいと言う思いで2008年に創業しました。

私は数多くのお客様が抱える経営課題を改善してまいりました。社内制度の構築から社員教育、後継者問題、企業再生など多岐にわたる分野を手がけてきました。わかったことは、「意識改革せずして企業の改善はありえない」ということです。

黒字の企業には黒字になる要因があり、赤字の企業には赤字になる要因があることは普遍の事実です。企業を取り巻く環境は非常に厳しく、ましてや情報氾濫の中、物事の分別もわからない多くの人達が後継者や幹部、社員であったりします。個々が理想を追い求めることは非常に大切なことですが、人に対する思いやりや感謝という気持ちは希薄になる一方です。

生まれ育った環境は違えど、本音で語れる人間関係がなければ、永続的な企業の繁栄はありません。「人の乱れは組織の乱れ」ととらえ、私は経営改善を目指していきます。“人”という概念から外れた経営改善はありえないとかたくなに信じ、お客様が思い描く未来に向かって改善活動を行ってまいります。

川原 一紀

株式会社マネジメントオフィス・K 代表取締役

〒460-0008
名古屋市中区栄4丁目16番8号
https://www.management-ok.jp
Tel : 052-249-5030
Fax : 052-249-5031
info@management-ok.jp

〒460-0008
名古屋市中区栄4丁目16番8号
https://www.management-ok.jp
Tel : 052-249-5030
Fax : 052-249-5031
info@management-ok.jp

川原 一紀

著書「今のやり方で、会社は存続できますか?」